About Us

株式会社AWA-RE(アワレ)について

弊社は、2018年4月2日、徳島県三好市及びつるぎ町の地域おこし協力隊OBが中心となって設立されました。
社名の由来は本居宣長の著書「源氏物語玉の小櫛」に登場する「もののあはれ」という言葉に由来しています。
これと、徳島の古い地名である「阿波(AWA)」を再び(RE)盛り上げる、という意味を掛け合わせた社名となっています。
私たちがこの会社を通じて成し遂げたい事、それは「地域の産業を応援し、その発展の手助けをする事」です。(ただ単に個性的なツアーを作って売る事ではありません。)
私たちが本拠地を置く四国・徳島県は勿論の事、いま日本全国の地方で少子高齢化に伴った様々な問題が噴出しています。 地元で育った若い人たちが進学、就職を契機に都会へと流れていき、残された地元の人たちが「この場所にはなんちゃない(何もない)」と嘆く・・・そういった現状を目の当たりにし、小さい力かもしれないけど、この負の循環をターンアラウンド(逆回転)させるきっかけを生み出していきたい。
そのためにもまずは地元に誇れる産業を一つでも生み出していく事、地元で育った優秀な若者たちが「私たちの故郷にはこんな魅力的な産業や仕事があるんだ、ここで働く事が将来の目標だ」、と思って貰えるような産業のエコシステムを育てていく事、それが私たちの役割だと考えています。
ただ単に収益事業として旅行業を行うのであれば人数の多い東京や京都に本拠地を置くのが最も合理的です。
しかし、そうではなく、ここ徳島に軸足を置いているのはそういった理由もあります。
もちろん旅行業だけでなく、教育産業、テクノロジー産業も最重要なフィールドと捉えており、いつかはそちらを主戦場とする日も来るでしょう。
しかしまずは現状我々の手の届く範囲にある旅行産業からドラマを作っていこうではないか・・・壮大な話になりましたが、そんな思いで日々業務に取り組んでいる次第です。

ここまでお読み頂きありがとうございました。
会社が立ち上がったばかりで歩みもまだまだ不安定です。
力不足で至らない点も多々あるかと思いますが、今後とも末永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

(株)AWA-RE 創業者一同



姉妹サイト:わくわくハウスMatba (祖谷ゲストハウス)